今号には、連載しました山田哲也さん(日立総合経営研修取締役社長)の「グローバル競争の中で勝ち抜き成長するために」が終了したことを受け、古賀編集長と赤木聡さん(前県環境保健研究センター所長)との対談を掲載しました。また全国の県職組合委員長から好評を博しています松田圭治委員長の「組合運動はオモシロイ」も7回目の掲載。今回は8月のタイトなスケジュールが報告されています。橋本剛さんの「長崎アラカルト」では、長崎市の「不可解な対応」によるトルコライスのネーミングが「消滅」するという「トルコライス事変」を掲載。三浦正明さんの「県北からの通信」では、財政難でもある状況の中、佐世保市中心街で相次ぐ大型商業施設建設の功罪を指摘しています。<広告>表紙3で、西海市にある音浴博物館を紹介しています。エジソン蝋管レコードなど、昔の蓄音機でアナログレコードが聴けます。ぜひ足を運んでください。<お詫び>今後の「新聞ウォチング」で、「リストペクト・アプローチ」と表記されていますが、正しくは「リスペクト・アプローチ」です。お詫びして訂正します。null