アーバンルネサンス

常盤・出島・元船など長崎港周辺地区の再開発構想。
埋め立てやデザインに対する批評,バブル崩壊など,逆風に見舞われたこともしばしばで,大型ホテルや芸術劇場の建設は見送られた。
 しかし,新ターミナルや大型商業施設夢彩都,出島ワーフなどが完成し,今や長崎の港プロムナードとして人気がある。
 現在,常盤・出島地区にシーサイドパーク,水辺のプロムナードの整備が続き,金子知事,自慢の新県立美術館の建設が進んでいる。