「行革」台風に抗し職場で地域で奮闘(1980-89)

80年代は、福祉・病院闘争の時代となった。その背景には81年の第2次臨調の発足があり、「公的赤字部門」を切り捨てる「行革(ギョーカク)」が大手を振るった。特に全国でも初、県政史上初の直接請求運動を経験。高田知事による佐々療養所の廃止に対抗し、「北松に新しい県立病院をつくる条例制定運動」という、県下の労働組合・地域を巻き込んで闘われた。県職のこの「横への運動」は、職場闘争だけでは展望が切り開けないこと、さらに86年高島閉山、87年国鉄分割・民営化、89年の連合発足が象徴するように、社会・経済構造が確実に変化してきていることを示した。
85年1月「佐々療養所廃止」の条例案を強行提出しようとする川口保険部長に激しく抗議する執行部。手前、林田副委員長、マイクを持っているのが吉井委員長。平野現業労組委員長、吉岡衛生医療評事務局長、中村現業労組書記長。 【徒歩キャラバン107キロ】
  臨時県議会を前に、1月13日佐々町から佐世保・大村・諫早を通り県庁まで107キロを徒歩キャラバン隊がスタート。県職大村支部があった大村労働会館前で。 組合員の文化活動を育てる趣旨で、長崎支部が80年から「手づくり無添加バラエティ発表会(テムバハ)」を6回実施。88年には、世界的ドラマーのエルビンジョーンズ氏を特別ゲストで招いた。 88年から始まった支部対抗交流駅伝。当初打ち上げは質素だったが、今や立食形式に。女性だけのチーム参加の大村支部(当時) 【82年7月23日長崎大水害】
 長崎南部の大豪雨は死者299人におよぶ大水害となった。上戸国雄さん(当時管財課)ほか組合員、家族9人が尊い犠牲となった。この翌日の土・日にかけて、各支部対抗球技大会を長崎市で実施予定としていたが、中止となった。
西暦組合の動き県内・世の中の動き
1980 ○ 保母56人削減の再提案/ 2 救急医療情報システムが始動/○ SSK紛争決着/5 ポーランドのワレサ連帯委員長来崎/6 初の衆参ダブル選挙/7 モスクワ五輪を米がボイコット、日本も同調/
1981 ○ 人勧7年ぶり値切られる/
○ 第二次病院合理化闘争/
3 第二次臨調発足/○ 公務員の定年制法案が可決/4 上五島空港が完成/○ ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が来県/
1982○ 保母68人減員提案/○ 長崎大水害で組合員1人、家族9人死亡(7月)/ 2 高田勇、知事当選/○ 石木ダム強制測量で2週間の攻防/4 マザー・テレサ尼来崎/7 長崎大水害(死者・行方不明者299人)/○ 長崎県と中国福建省との友好提携調印/8 「むつ」佐世保出港/○ 人事院勧告凍結/○ 県議会で「佐々療養所廃止」決議/
1983○ 人勧値切り/
○ 第2次福祉反合理化闘争妥結(32人保母再配置へ)/○ 木戸県議再選/○ 吉井諫早市議誕生
2 石木ダム建設で県が機動隊を導入/3 県立成人病センター多良見病院が完成/6 参院選で初めての比例代表制導入/10 田中元首相に有罪判決/10 米空母カールビンソン佐世保入港/
1984○ 人勧値切り/ 12 松浦火力発電所起工式/○ グリコ・森永事件/○ 新1万円札・5千円札・千円札を発行/
1985 ○ 北松に新しい県立病院をつくる条例制定運動/
○ 給与制度改定(8等級から11級制へ)/
○ 「佐々廃止条例」を強行提案/5 中国総領事館が開館/5 男女雇用機会均等法成立/○ 電々公社・専売公社が民営化/8 日航ジャンボ機墜落、女性4人を除く乗客、乗員520人が死亡/12 小値賀空港が完成/○ 「長崎県行財政改革大綱」発表/
1986 ○ 福祉施設反合理化闘争(療育センターをめぐる)/
○ 組合結成40周年記念行事/
○ 佐々療養所廃止/2 高田知事再選/4 チェルノブイリ原発事故/○ 好景気始まる。いわゆるバブル景気/8 米戦艦ニュージャージー佐世保入港/11 三菱石炭鉱業高島鉱業所が閉山/
1987 ○ 定数削減反対の闘い/
○ 給与振込反対の闘い/○ 城戸県議3選/萩原長崎市議再選/浜崎県議(大村)誕生
4 国鉄分割、民営化/12 長崎市の核実験抗議文が通算400回/○ 全日本民間労働組合連合会(民間「連合」)が発足/○ 米ソがINF全廃条約に調印/
1988○ 洋館保存条例制定運動/
○ 社会保険職員「国一元化法案」の廃案を勝ち取る/
○ 駅伝大会スタート/
○ 長崎―ソウル間の定期航空路が開設/12 本島市長が「天皇に戦争責任」発言/○ 瀬戸大橋開通/○ ソ連軍アフガン撤退/○ 12年ぶり東西そろいソウル五輪/○ リクルート疑惑/○ 有隣荘廃止/
1989 ○ 労働安全衛生管理体制が確立/
○ 月二回(第二、四)土曜閉庁実現/
○ 病院合理化反対の闘い、60人削減案を46人縮減/
1 昭和天皇死去/2 高田知事3選/5 連合長崎発足/7 参院選で篠崎年子当選/9 新長崎漁港が開港/○ 工業技術センターが開設/11 諌早湾干拓37年ぶりに着工/○ 自治労、新「連合」へ参加/○ 消費税導入/○ 総評解散、官民統一で日本労働組合総連合会(新「連合」)結成/11 ベルリンの壁崩壊、東西冷戦終結/