駅伝大会

 日本人が生み出した陸上競技種目。

だからと言う訳でもないだろうが,箱根学生駅伝に都道府県対抗高校駅伝,里帰りも交えた都道府県駅伝に外国人を呼んでの世界駅伝などなど,日本の冬は駅伝一色。

長崎も凄い。

諌早高校の活躍で一躍全国のトップレベルに踊り出た。

県職も負けてはいない。

毎年3月に開催の各支部交流駅伝大会はすでに16回を数えた。

応援者を含む参加者は500人。

県職主催の行事の中では最も多い参加者数。

各支部の予選から数えると600人もの人達が県職№1を目指して走っている。