ODA

 政府開発援助の略。

先進国から開発途上国または国際機関への資金の流れのうち,政府ベースで贈与されるか,あるいは金利・返済機関などで緩やかな条件を付けられ,南の経済発展福祉充実をめざす資金をさす。

OECDの開発援助委員会の中で日本が2割近くを占め,アメリカを抜き第1位。

しかし従来,日本のODAは経済偏重で「理念のない援助」との批判があり,また日本企業のトンネル資金となっている実態も指摘され,改善が求められている。