覚書

 記憶のために書いて置く文章。メモ。

他に国家間における情報伝達の一形式として使われることもある。

 労使間における約束事を文書でお互いに確認する方法としては,覚書の他に協定書,確認書があるが,それぞれの使い方はルール化されていない。

これまでの例でいえば,知事あるいは部長と執行委員長の間に,協定書,確認書が結ばれ,それを補完する意味合いで,担当課長と書記長の間で交わされる文書のことを覚書として処理している。