支援費制度

これまでの措置制度にかわり,障害者の自己決定を尊重し,障害者自らがサービスを選択し,契約によりサービスを利用する仕組み。
03年4月にスタートしたが,直前まで制度の運用,費用負担の水準を巡って難航したため,援護の実施者となる市町村は混乱した。
2年後見直しが予定されており,介護保険制度の障害者への適用が取りざたされている。介護保険に比べ,支援費という言葉がそもそもわかりにくいという批判がある。