支部(長)

地域別に10支部があり,独自の支部規約に基づき,役員選挙,大会を行い,支部活動を行っている。
離島支部は人事が3年ローテーションのため,毎年,執行体制の選出に苦労している。
 支部長は支部の責任者であり,地域共闘の中では,連合地協,地区労,自治労総支部,労金推進委員会でも重要な役割を果たしている。
全国の県職に比しても,長崎県職の支部活動は活発である。
10支部の他,東京,大阪,福岡地区は本部の直轄分会を置いている。