10・21国際反戦デー

66年,アメリカ軍の北ベトナム爆撃再開に抗議して,総評が世界の労働者,反戦民主団体等に呼びかけ,国際的な反戦運動として始まったもの。
ベトナム戦争を背景にボブ・ディラン,PPM,ジョンバエズ等を中心に,反戦,平和を訴えるフォークソングブームを生んだ。
日本では,総評を中心に10・21闘争が幅広く闘われた。また,71年総評が北爆中止を掲げて,全単組,早朝5分ストを打ち出したこともある。