審議会

政策の立案・実施にあたり,専門家や民間の意見を反映させるために行政機関が置く合議体。
 名称は,審議会,協議会等さまざまだが,「数が多すぎる」,「女性や少数派」の意見が反映されにくい」,「結局行政の隠れ蓑に過ぎない」などの批判もある。
 長崎県の審議会もこれまで,各界・各団体の代表者を平等に配置する例が多かったが,最近になって,女性や公募委員を積極的に任命しており,これらの委員からの予期せぬ発言に事務局が困惑する場面もしばしば見られるようになった。