36協定

労働基準法36条に基づく超過勤務に関する労使間の協定。
使用者による一方的な労働時間の延長に対し,労働組合との協定という形で一定の規制を与えたもの。
時間外,休日労働協定が,労基法第36条に定められているので,通称“サブロク協定”と呼ばれている。
 知事部局で,この条項が適用される職場は,土木,建築,畜産,保健,衛生等の職場に限定されている。
 36協定締結職場では,年間の時間外労働の上限を240時間(用地職場では360時間)と定められているが,労基署に届出ていない内部協定としている。
組合は,時間外労働を縮減する方策の1つとして全職場で,36協定の精神を活かした内部協定および時間外上限枠の設定を求めている。