観光立県

消費税や経済波及効果が大きいところから,観光を県の期間産業と位置付け,その振興によって長崎県経済の活性化を図ろうとする金子県政の産業革命宣言。
00年の「ながさき阿蘭陀年」を契機として同年を「観光立県元年」と宣言した。
そして,観光課を観光連盟と同じビルに移し,同連盟にも県職員を多数派遣するなど,極めて積極的である。