9の日の座り込み

長崎市に原爆が投下された45年8月9日の悲惨な体験を忘れないために,毎月9日に反核,平和の座り込み行動を実施するようにと,県労評センター(現平和運動センター)が提唱したもの。県下13カ所で実施されている。
長崎市では平和祈念像前で実施中。
当初座り込みは,原子力船「むつ」が佐世保入港した78年10月16日に合わせ,毎月16日に実施されたが,「むつ」廃船時に「9の日」に切り替えた。