企業別組合

企業別組合は,企業内組合とも呼ばれ,わが国の労働組合の組織形態の特徴である。本工(本雇の労働者)を中心として,企業や事業所別に組織されている。
このため,独立性が弱く,会社側に癒着,従属しやすく,団体交渉が弱い,という指摘もある。
一方,組織率は高く,財政的に安定している。
職種,業種の相違した労働者を組織していることから,まとまり難い点も併せもっている。