休憩時間

 労働基準法第34条に規定が設けられている。
 使用者は,労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分,8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
また,休憩時間は,一斉に自由に利用されるのが原則であるが,行政官庁の許可を受けた場合はこの原則が守られない場合がある。
長崎県の場合は,12時15分から13時までを休憩時間と定めている。
休憩時間は勤務時間に含まれず無給である。