団体生命共済

自治労の団体生命共済は,日本団体生命(現在のアクサ生命)から98年に移行した。
 組合の相互扶助のもと,自治労共済として民間と比較にならないほど,保険料掛け金も安価で,保障内容も最高7000万(不慮の死亡)とワイドに。
5日の入院(入院・怪我)は免責なしで初日から給付。
他の民間にない制度で,通院は不慮の事故で,5回以上通院すればこれまた免責なしで初日から給付。
 スポーツ時に転んで怪我をしたとか,短期間の入院や自治労が認めれば手術のみでも給付する。
成人病で入院されると,2倍給付となる。(初期入院給付は4日は重複なし)
またまた,おまけに1年に1回文書料(5000円)の補助もある。
これはどこの民間保険会社にない制度である。