特殊勤務手当

著しく危険,不快,不健康または困難な勤務,その他著しく特殊な勤務に従事する職員に対し,その勤務の内容,勤務条件の特殊性に応じて支給される手当てである。
 月額で定められているものと,日,時間,回数で定められているものとがある。
01年,見直し提案があり,1年半余りに及ぶ交渉の結果,03年1月に大筋妥結した。
現在25の手当てがある。