特昇財源

特別昇給の財源をいう。
国においては,輪番制で7~8年に1回1号俸(給)の特昇を行っている。
この特別昇給の枠は,年間職員定数の15%の職員となっている。
本県の場合は,条例上実施年度の4月1日に在職する職員の普通昇給に要する予算の15%を超えてはならないとなっている。