妊婦通勤緩和休暇

妊娠中の女子職員が,通勤に利用する交通機関(自家用車も含む)の混雑の程度が母体の健康維持に重大な支障を与える程度に及ぶ場合に,勤務時間の初めまたは終わりの休暇の合計が1日1時間を超えない範囲(1時間または分)で取得できる。