2.11「建国記念日」を考える日

66年の佐藤内閣時代,日本が「建国」したとされる神武天皇が即位した日として,制定されたのが,2月11日の建国記念日。
当初,記念式典は神社本庁や右派宗教団体が催していたが,78年からは総理府が後援に踏み切った。佐世保市の建国記念「日の丸」行進は大規模で全国的にも“注目”されていた。
この「記念日」は史実に基づくものではなく,天皇制の賛美につながるだけに,多くの民主団体が,2月11日に,「建国記念日を考える」様々な催しを行っている。