病気休暇

公務以外の負傷又は疾病で(結核性疾病を除く)勤務することが出来ないときに休むことができる休暇。
90日を超えない期間(特定疾患のため療養する場合は180日)与えられる。
土日を除いて30日を超える時は勤勉手当が減額される。
 昇給期間の6分の1以上病休をとると3カ月の昇給延伸があるが,職場復帰後3年経過後に昇給復元する。
病気休暇が90日を超える時は,3年間の休職期間がある。