プルサーマル

プルトニウムを軽水炉で燃やすこと。
もともとは,高速増殖炉が実用化されるまで,余剰プルトニウムを出さないためのものだったが,高速増殖炉の目途がたたないために,プルトニウム消費の中心に位置づけられた。
「資源の有効利用」が前面に押し出されたが,この方法は,プルトニウムを一方的に消費するだけで,利用効率としては最低といわれる。