夜間勤務手当

 正規の勤務時間として深夜(22時から翌日の5時までの間)に勤務した場合に支給される。
指定職員及び管理職手当受給職員には支給されない。
夜間勤務手当についても時間外勤務手当同様支給率の引き上げを要求している。