リフレッシュ休暇

永年勤続者に対して,一定期間連続して日常の仕事から離れ,心身のリフレッシュを図ることを目的とした休暇。
 対象職員は35歳と45歳と55歳で,当該年度内で連続して5日以上の勤務日の期間内において年休2日以上の取得に引き続く3日が限度日数で,土日を含めると1週間休みが取れる。
夫婦旅行に行くか,パチンコ,ゴロ寝で暮らすかリフレッシュ休暇の暮らし方はその人の人生そのものである。