療養休暇

結核性疾患により療養を必要とするときの休暇。
1年を超えないで医師の診断書に基づき必要な期間休むことができる。
超えるときは3年間の休職期間がある。
所属長から知事あての内申により辞令が出る。給与等の取り扱いは病気休暇と同じ。