労働協約締結権

労働組合と使用者との間で労働条件等について集団的協定を結ぶ権利。
 労組法では締結された協約の条項のうち「労働条件その他の労働者の待遇」に関する基準より低い条件を内容とする労働契約を無効とし,協約の基準どおりの内容に引き上げる効力を与えている。
地公労法が適用される公企・現業職員には保護されているが,地公法適用の一般職には法的はない。
しかし,これまでのたたかいで労使協約・労使協定,確認書,覚書きという形で,約束事を結んでいる。