結核

地球上で一番有名な感染症。1882年ロバート・ゴッホが結核菌を発見した。
感染を知るには,ツベルクリン反応を行い陰性であればBCGを接種し予防を行う。
1944年抗生物質,ストレプトマイシンにより,患者は激減した。
主要な感染経路は経気道感染で,患者の95%は発展途上国で発生し,対策や医療の油断・手抜き,HIV感染の蔓延が共通の増加原因とされる。
日本では毎年5万人が発病し,2300人が死亡。
長崎県は登録者数,死亡者数とも,全国ワーストの上位である。