合理化

一般には,すべての目的を達成するために最善の状態にすることであるが,労働問題では合理化生産,産業・合理化という意をもち,主に人員削減を意味する。
 25年ごろドイツに始まりアメリカに入った。
資本やその活動として,利潤を増やし生産を上げようとするのは本能である。
このため,オートメーション化,事務の刷新,労務管理強化などを進める。
その結果が,労働者の疲労の増加,賃金,労働時間,人事,雇用に影響をもたらすということで,マイナスイメージの用語として使用されてきた。