女性差別撤廃条約

67年の国連の女子差別撤廃宣言に起源をもち,79年,国連総会で採択され,81年に発効。
日本では「国連婦人の10年」の中間年の80年に署名し,85年に効力を発生した。