組合が獲得した権利について

県職組合全般

こちらの記事では、「組合が獲得したもの」についてわかりやすくご紹介させていただきます。

夏季休暇

県職員にとって、既に当たり前の権利となっている夏季休暇ですが、1990年に勝ち取った権利です。
また、組合が20年間要求し続けて、2015年に3日から5日に増えています。
期間中に取得できない実情を踏まえて、取得可能期間の延長も同時に勝ち取っています。組合員の生の声が反映された結果になっています。

初任給

就職先を決めるうえで、大きな要素となる初任給。労働組合の粘り強い交渉の結果、ベースアップを勝ち取っていることが分かる。

※「長崎支部『週刊 県庁坂』のジローちゃんのそうだったんだ!」を参考に掲載しています。

この記事を書いた人
本部青年部

私たち、本部青年部は2020年に再建され、「青年部組合員が誰一人取り残されず、安全・安心に自分らしく働くことができる職場環境」の実現に向けて活動をしています。

本部青年部をフォローする
県職組合全般
本部青年部をフォローする
自治労長崎県職員連合労働組合
タイトルとURLをコピーしました