カテゴリー:

福祉八法

90年6月「老人福祉法等の一部を改正する法律」が制定され,関係する福祉八法(①老人福祉法 ②社会福祉事業法 ③児童福祉法 ④身体障害者福祉法 ⑤精神薄弱者福祉法⑥母子及び寡婦福祉法 ⑦老人福祉法 ⑧社会福祉・医療事業団法 […]

双子・三つ子

赤ちゃんの話ではない。制約の多い号給決定のため,給料表で見られる昇給の際のおかしな現象の1つ。 双子とは,2つの号給から同一の号給に昇格する場合で,昇格前のこの2つの号給のことをいう。また,三つ子とは,3つの号給から同一 […]

普通昇給

普通昇給とは,現に受けている号給を受けたときから12月を下らない期間を良好な成績で勤務したとき1号給上位の号給になること。定期昇給とも呼ばれる。例えば行政職給料表で3級3号給の発令から12月経過したとき3級4号給になるよ […]

ブツ

けして怪しい,覚醒剤でも拳銃でもなく,パンフレットやビラやニュース等,紙を使った宣伝媒体。選挙の家庭訪問の際,「持っていくブツは何?」という風に使う。

プルサーマル

プルトニウムを軽水炉で燃やすこと。もともとは,高速増殖炉が実用化されるまで,余剰プルトニウムを出さないためのものだったが,高速増殖炉の目途がたたないために,プルトニウム消費の中心に位置づけられた。「資源の有効利用」が前面 […]

不当労働行為

使用者が労働者の団結権,団体交渉,団体行動権の労働三権を侵害する行為をいう。わが国の不当労働行為制度は,憲法第28条の労働基本権保障を具体化したもので,労働者の団結権の積極的な保護措置として定められた。 労働組合法第7条 […]

扶養手当

 扶養親族がある職員に支給される手当てで,生活給的な性格をもっている。共働きの夫婦の場合の子の扶養手当てについて,県職員同志の場合は請求した方に支給されるが,一方が民間の場合で,県職員が請求する場合は一定の条件が付されて […]

フレックスタイム制

 自由勤務時間制。88年に改正された労働基準法の改正によって,所定の労働時間内で,出退勤時間を自由に選択できる方式。それまでは,労働時間は始業時刻を定め,労働者の出退勤を画一的に規律するのが一般的で,時差出勤もまた始業時 […]

分会長

 ①病院や施設,あるいは一定のまとまった地域での職場代表者。職場委員長と同じく,職場活動の中心軸。 ②各支部での現業部長。したがって現業本部が主催する各支部現業部長会議を分会長会議という。