カテゴリー:

誠意

どのような交渉であっても,その冒頭に組合が必ず持ち出す言葉。「誠意ある姿勢」「誠意ある回答」などと用いるが,そのことを当局に約束させた上で具体的交渉に入っていく。当局の立場としてこれを否定することは出来ない。よって,交渉 […]

政策・制度要求闘争

県平和運動センターの前身である県労評が,勤労者,県民の視点に立って,県の政策・制度等の改善を求め取り組んできた闘争。 90年に連合長崎が結成されてから51は,連合が政策・制度要求として取り組んでいる。毎年の対県要求は,多 […]

政治局員

組合の推薦を受け,各種議会の議員となった者のこと。 政治局員は,執行委員に準じて組合の日常業務に参加すると共に,組合の基本方針に従い議会活動に従事する。 これまで,県議(長崎市,大村市)市議(長崎,諫早,島原)に政治局員 […]

生協

 生活協同組合の略。長崎県庁生協は,県職員及び関係団体職員のための職域生活協同組合。CO・OPやグリーンコープは地域生協。職員が出資金を出して組合員となり,自ら利用する非営利の団体であり,最低出資金額は5,000円。 売 […]

青年部

7月1日現在で30歳までの男女組合員で構成されている。しかし実際は特例で30歳以上が部長になっているケースが多い。これも弱くなった証拠?青年部の活性化が県職活動のバネになるとも言えるため,若手育成は重要。99年に30周年 […]

生理休暇

生理日において,勤務することが困難(=苦痛)な女性職員が請求した場合,与えなければいけない休暇。有給休暇。1日を単位として1回につき2日まで休むことができる。所属長あての「生理休暇願」を提出する。母性保護のためにも重要な […]

セクシャルハラスメント

性的いやがらせ。職場において行われる性的な言動に対するその職員の対応により,当該職員がその勤務条件につき不利益を受け,または職場において行われる性的な言動により当該職員の就業環境が害されること。99年4月「改正男女雇用機 […]

セクハラホットライン

99年11月に制定された長崎県の「セクシュアルハラスメント防止等の対策に関する要綱」にそって設けられた,相談専用電話回線。人事課内にあるので相談しにくいという風評あり。セクハラがないのか?開店休業の状態らしい。 職員組合 […]

全共闘世代

68年の東大・日大闘争から70年安保と,学生時代の実体験がその後の社会人としての生き方に少なからず影響し続けた47年~51年生まれの世代を”全共闘世代”という。「全共闘」とは,「○○闘争勝利××大学全学共闘会議」というよ […]

全国医療

全国医療等関連労働組合連絡協議会の略。現在,民間病院,公的病院,職域病院関連労組(日赤労組,全済生会労組,自治労,全電通,全逓,全たばこ,全印刷,全国一般)と県組織が結成されている。友好と連帯のための交活動,情報・資料提 […]