カテゴリー:

地共済

地方職員共済組合の略。相互救済を目的とし,地方公務員及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与するための事業を行う。組合員(県職員等)及びその被扶養者の病気,負傷,出産,障害,死亡等に関する給付事業と年金に関する事業を行 […]

地区労

地区労働組合協議会の略。全国の各地域に組織された横断的な労働組合の連合体。連合地域協議会とは別の組織で,旧総評・旧県労評運動の財産といえる。 県労評運動歴史は,地区労を軸に展開されてきた。00年4月現在14の地区労がある […]

地公労

長崎県地方公務員労働組合共闘会議の略。県下の地方公務員で構成している労働組合の共闘組織。構成は,県職,県教組,県交通。かつて高教組も入っていたが,路線の違いで離れた。この10年,議長を県教組,事務局を県職が受け持っている […]

知事公舎

前知事時代まで,知事公邸が諏訪神社となりの県立図書館に隣接してあったが,現金子知事になり,「諏訪ノ森構想」実現のため,桜馬場の県公舎に入居している。しかし2期目を迎え,迎賓客の接待等に不便さを感じたのか,知事周辺から知事 […]

中央委員会

大会につぐ議決機関。組合員50人に1人で選出。通常は,2月頃開かれる。86年の臨時中央委員会は,本庁での「ピケなしスト」対応をめぐって開かれ,ピケなし方針が否決され,執行部が総辞職を表明するという事態が発生したこともある […]

チャンネル4

 91年6月に始まった,県庁内ケーブルテレビの名称。県議会本会議中継と知事の定例記者会見録画は視聴率100パーセント。ただ本会議中継のカメラアングルが一定しており,改善が求められる。また本庁だけでなく,県下全職場での放映 […]

中労委

中央労働委員会の略。労使紛争が発生し,労使間では問題の解決に至らない場合,これを解決する機関。労働組合法第19条で設置が定められている。 中央労働委員会は,使用者委員,労働者委員及び公益委員各13人で組織されている。近年 […]

調整手当

民間賃金,物価及び生計費が特に高い地域に在勤する職員に支給されることになっている手当。期末勤勉手当の基礎額に加算される。 給料の月額に扶養手当の額を加算した額に対象地域ごとの率を乗じた額となる。現在の支給率は,長崎市が3 […]

庁内ポータルサイト

「ポータルサイト」とは,インターネットの入り口となるサイトのことである。リンクや検索機能により,利用者が日常必要とするホームページに容易にアクセスを可能にする。その庁内版は02年にリリースされ,各種庁内ホームページやメー […]