カテゴリー:

定期昇格

毎年一定期日に大部分の従業員が昇給することをいう。労使交渉の結果,決定されるベアや一部の人のみが対象となる昇進・昇格に伴う昇給とは区別される。定昇の結果として,我が国の多くの企業は,右肩上りの賃金カーブをもっている。公務 […]

定年退職

県職員の定年年齢は60歳。ただし,医師は65歳,現業職では,守衛,監視員,作業監視員,庁務員,農事員,畜産技術員,道路整備員,調理員,業務員,用務員,介助員は63歳である。医師である保健所長のうち,離島の4所長は70歳定 […]

出先

ふつう江戸町と万才町以外の県庁機関のことを「出先」という。長崎県組織規則第5条に規定された地方機関(本庁以外)のこと。地方機関の代表的なものは振興局・支庁であるが,病院・事務所等を含めると150を上回る数になる。

定数

 長崎県の職員定数は,「長崎県の職員定数条例第2条」により次のとおり定められている。(学校・警察職員は除く03年3月現在) 1.議会の事務部局職員  39人 2.知事部局職員 イ.一般職員     4,910人 ロ.県立 […]

デジタル

数量を,0,1,2,3など,段階的に大きさが変化する物理量であらわす方式。コンピュータの内部では,すべての情報がデジタル信号(0と1)で処理される。デジタル人間と言われたら「物事の細い事にこだわり,無機的・機械的な感じの […]

デモ

デモンストレーションの略。特に「示威行進」を言う。野外集会の場合,集会終了後,地域を1列4人,あるいは6人でデモ行進する。「ジグザグデモ」は,決められたコースを超え,ジグザグに動くこと。そのためしばしば,機動隊と衝突する […]

電子県庁

住民からの申請,課内での決裁,住民への通知,国とのやり取り等全てがパソコンの中で完結する。そんな時代はそこまで来ている。電子県庁が目指す究極の姿はもちろん紙を無くすことであるが,当面は電子情報を紙と同等に扱うレベルに整備 […]

電話機

 ①音声を電波または電流に変えて送り,これを音声に再生することによって通話する装置。何の前触れもなく鳴りだすもの。 ②鳴ったら鳴ったで,当然総務がとるもの,女性がとるもの,はたまた,仕事ば覚えるために若い者がとるもの,と […]